少ない金額でもハイリターンの可能性が

FXが気軽に利用できる投資ということが広まったのは、少ない金額で大きな取引ができるレバレッジとい機能が一役買っていると思います。今まで株などの場合、大きなお金を用意して、それで取引を行うため、自己資金がないから無理とあきらめていた人たちが、これくらいのお金なら出せると、喜び勇んでFXに投資を始めたりしています。では、レバレッジとは何なんでしょうか?レバレッジは、担保となる取引保証金を用意し、その何倍ものの金額を取引の資金に充てるものになります。普通であれば、10万円の取引保証金であれば本来であれば10万円分の取引資金とでしかできないはず……。が、しかし!10倍のレバレッジを使うと、取引できる金額が10万円の10倍、つまり100万円となるのです。もちろんレバレッジを使い、少ない元手で大きなお金を動かしてしまえば、利益も大きくなりますが、逆に受ける損失も大きくなります。レバレッジ10倍ならば、利益も10倍、でも損も10倍となります。つまり、レバレッジは文字通りハイリスクであり、ハイリターンなのです。その辺りをうまく調整すれば、取引はうまくいくかもしれません。つまり、短期間で取引を完結するのであれば、20倍のレバッレジを利用したり、逆にレートが大きく動く可能性のある長期にわたる取引の場合は、5倍などのレバレッジを使うなど、資金の運用方法を調整しながら、リスクを上手くコントロールするように気をつけなければ、FXで利益を上げることは難しいかもしれません。なので、FX初心者の場合には、まずは低い倍数のレバレッジから始めることをお勧めします。もちろん低い分だけ利益は少なくなりますが、代わりに大きな損もしにくいようになるのです。これからFXに慣れるまでは、何よりも無理をしないこと、熱くならないこと、周りの人間に引きずられないこと。これがうまくFXの取引で利益を上げるコツなのかもしれません。